上
 

不動産巡りの黄金法則

今の人は不動産会社を平均3社〜5会社回るそうだ。しかし、仮にその5社が全部ターミナル系だったらどうだろう。出てくる物件はどこも大差なく、無駄足になることだってある。この法則を使えば、探している地域の物件のほぼ100%を効率よく探すことができる。流通物件のからくりなども理解しておけば、2日で全ての物件を網羅することが可能なのだ。

ターミナル型→地域密着型の順番で

ステップ1
まず、初心者は問答無用でターミナル型にまず行く。相場観のある中級以上の人でも、営業マンの話を聞いて、むしろ別の沿線の方がよいことに気づいた。なんてこともあるし、大まかな物件の流れをつかむために、やはりはじめはターミナルに行くのがベストだ

ステップ2
そして、ある程度候補が見つかっても見つからなくても、興味のある地域に実際に足を運んで地域密着型をしらみつぶしに回り、流通していない広島 賃貸などの情報を収集。これで、その地区の物件ほとんどを網羅できるだろう。
ターミナル型→地域密着型。この回り方を「不動産屋めぐりの黄金法則」という。

 

  ←戻る

メニュー

 

下
表紙家賃交渉出来る物件を探せ賃貸契約で交渉出来る費用リスト達人の家賃交渉術
不動産の流通物件って何?流通物件を見極める
不動産のタイプで考える不動産巡りの黄金法則賃貸住宅の審査の基本。何を審査する?お手紙
Copyright (c) お部屋探しの裏技.All rights reserved
家賃交渉出来る物件を探せ 不動産の流通物件って何 賃貸住宅の入居審査の基本。何を審査する? お手紙