上
 

不動産の流通物件

流通物件という言葉は耳慣れないかもしれないが、あなたが部屋探しをすればかなりの確率で出会っているのだ。訪れる不動産会社によってはあなたは流通物件だけで部屋を決めていたかもしれない。

いろいろ使える流通物件の要素

まず、どんなことに影響するのかを先に書いておこう。これだけ見ただけでも、抑えておくべきポイントだらけなのだ。

★一般的な人気度はどうなのか 流通物件か否かで判断
★家賃交渉はしやすいのか 流通物件ならしやすい
★営業マンは物件に詳しいか 流通物件なら知らない
★入居後も安心できるのか 流通物件なら入居後の対応は別会社
☆不動産会社の違いを理解する 不動産会社のタイプ
☆不動産会社を効率よく回る 不動産屋めぐりの達人

あれ!?この物件他のお店でも見覚えが・・・

流通物件の説明こんなことを経験したことはないだろうか。南口のA不動産と、北口のB不動産。いってみたらまったく同じ物件を紹介された。カラクリは不動産会社はそれぞれ物件をゆうずうし合い、他のお店でも紹介できるようにしているからなのだ。この不動産会社同士で融通し合っている物件を「流通物件といい、あなたがお店に行くと、かなりの確率でこの物件を目にしているのだ。仕組みは右の図のようになっている。

大家さんは基本的にひとつの不動産会社に募集をお願いする。つまり、裏ハイツという物件情報は本来、××不動産でしかみることができない。しかし、××不動産の判断によって他の不動産会社に情報を流すことがあるのだ。

流通するのは一部だけ

しかし、それぞれの不動産会社が流通させる情報はあくまで一部。ほかの不動産会社で物件が決まってしまうと、決めてくれた不動産会社にお礼を支払わなくてはならないからだ。大家さんから直接お願いされた物件全部を早く決まるからと言って、ぜ〜んぶ他の会社にお願いしてしまうと、たっぷりお礼を払わなくてはならない。
従って、たとえば、他の不動産会社に頼らなくても簡単に決まるような人気物件を他の不動産会社に流通させてしまったらどうなるか。当然、すぐに決まってお礼を払うハメになる。裏を返せば・・・そう、もうおわかりかな?流通させる物件は「人気物件ではない」。長く空いていて大家さんからせかされてる物件とか、条件が悪くて決まりそうもないもの、悪くもないがよくもないありふれた物件などだ。

※不動産会社が貸主の物件や、大手の管理会社の物件の場合、最初から全物件を流通させるというところもあります。この場合はよい物件や新築もあります。
※関西地区や九州では大家さんが初めから複数の会社に物件情報を流します。

 


上見る
「流通物件を見分ける」も見てみる

メニュー

 

下
表紙家賃交渉出来る物件を探せ賃貸契約で交渉出来る費用リスト達人の家賃交渉術
不動産の流通物件って何?流通物件を見極める
不動産のタイプで考える不動産巡りの黄金法則賃貸住宅の審査の基本。何を審査する?お手紙
Copyright (c) お部屋探しの裏技.All rights reserved
家賃交渉出来る物件を探せ 不動産の流通物件って何 賃貸住宅の入居審査の基本。何を審査する? お手紙