上
 

不動産会社は2タイプある

基本的に不動産屋は大きく二つのタイプに分かれる。下の表に両極端でまとめたが、とにかく性格が正反対であることが面白い。どの地域でも当然この中間の業者というのも存在するが、典型的な例も多いからよく観察してみるとよいだろう。

ターミナル型・地域密着型徹底比較

ターミナル型 地域密着型
お店の場所 大型ターミナル駅前
(渋谷、新宿、横浜など)
地域沿線の駅前
(各沿線の停車駅)
会社名 横文字、カタカナ 漢字、社長の名前を含む
物件の特徴★ 流通物件が中心 独自の物件が中心
隠し玉物件を 持っていない 持っている
保有情報量★ とにかく多い あまり多くない
営業エリア★ 乗り入れ沿線駅全部 所在地を中心に5駅程度
従業員構成 若者×5〜6人 おっさん+おばさん
+若者(但し息子・娘とか)
営業スタイル○ 親切・丁寧 人情的・面倒見がよい
営業スタイル× 強引 そっけない・無愛想
土地勘 広く浅く 狭く深く
大家さんのことを★ 見たこともない 顔なじみ
物件のことを★ 見たこともない よく知っている

わかれる基準はなんだろう

実は、この2タイプ。先に説明した流通物件の取り扱い比率で決まるのだ。★をつけたのが流通物件が関係する項目。流通物件を多く扱えば扱うほど、情報量も多く、営業エリアも広くなる。反面。物件のことはあまり知らないという結果になってしまうのだ。

さらに、流通物件の出所の多くは地域密着型で、ターミナル型はその立地の集客力を利用してあちこちの地域の流通物件で営業しているという構図になる。
関係

なお、間違えやすいようだが、「ターミナル駅の大きなお店」=「ターミナル型」ではない。あくまで流通物件の扱い方で変わるのだ。たとえば、大手のエイブルやアパマンショップ。ターミナル駅にあっても流通物件以外を多く扱い、集客力の強い地域密着型といえる。

不動産会社を使い分ける

さて、もう少し具体的な特徴とあわせて、それぞれの使い道を考えてみよう。部屋探しの進行度や引越し経験や土地勘の有無で選ぶのがよいだろう。

初心者はターミナル型から

上京してきて右も左もわからない人は間違いなくターミナル型に飛び込むことがお勧め。営業マンはとにかく広い沿線の知識をもっているから、予算と勤務地だけで、どのあたりに住めばよいのかを的確にアドバイスしてくれるだろう。また、初心者にも親切丁寧。いろいろ聞くこともできるから、部屋探しのガイド的な役割を期待できる。
基本的に同じターミナル駅前なら物件はほとんど同じだが、いろいろな営業マンの視点があるから数件回る価値はある。
また、流通物件には「あなただけの掘り出し物」がある可能性が高いから、例えば広島 賃貸としても悪くはないのだ。

相場観を掴んだら地域密着型へ

上地域密着型の最大のメリットは、「流通させない新築」や、「新しい情報がある」ということで、ターミナル型では出てこない物件がたくさんある。情報は多くないから、何件か回る必要があるが、特に新築はここからしか出てこない。
しかし、このタイプの営業エリアは狭く、少しでもエリアから外れるととたんに営業マンのテンションが下がる。希望の物件がなければ「ないです」とあっさり返されてしまう事も・・・。あなた自身にある程度の相場観がないと無駄足となるケースもあるだろう。
また、地域密着型は大家さんから直接物件を預かっているだけに、とにかく「大家さんにいい人を紹介しよう」という意識が高い。したがって、変な風貌、マナー、横柄な態度は適当に追い返されるので注意が必要だ。

 

←戻る 上見る

メニュー

 

下
表紙家賃交渉出来る物件を探せ賃貸契約で交渉出来る費用リスト達人の家賃交渉術
不動産の流通物件って何?流通物件を見極める
不動産のタイプで考える不動産巡りの黄金法則賃貸住宅の審査の基本。何を審査する?お手紙
Copyright (c) お部屋探しの裏技.All rights reserved
家賃交渉出来る物件を探せ 不動産の流通物件って何 賃貸住宅の入居審査の基本。何を審査する? お手紙